【平屋住宅】マンションのような暮らしができる間取りに、プラス庭付きの家。なのに、マンションよりおトクに買える?!

マンションのような暮らしができる間取りプラス庭付きの家なのに、マンションよりおトクに買える?!
そんなおトクで魅力的な家があるのをご存知でしょうか?

実は近年、お一人様や少人数世帯が増えてきたことにより、コンパクト間取りの平屋が人気となっています。

平屋と聞くと、一般的に1階部分だけで狭いのに、高価なイメージがありますよね。
しかし、ひとえに「平屋」と言っても、家の広さや価格は千差万別。

それでは、なぜ、平屋が良いのか、見ていきましょう!

平屋の広さはどれくらい?

平屋の特徴といえば、2階がない。そのため、広さは十分なのか少し気になりますよね。
しかし平屋は、一般的なマンションと同等以上の広さがあるのです。 それに加えて、庭や駐車場もついています。

都会では、マンションの間取りでとても快適に生活しており、特に不便を感じていない方が多いのが事実です。 むしろ、広すぎる家はデッドスペースが増えてしまったり、掃除の手間がかかってしまったりという懸念点もあるため、家族にとって適度なサイズ感を考えることが大切です。

また、マンションの場合は、隣部屋や上下階に対して生活音を配慮しないといけません。

住んでみたら隣部屋の音が気になって仕方がない、子供が大声で騒ぐので隣人に気を遣わなければならない、 そんな悩みが絶えません。

マンションの隣人と騒音で揉めるのも嫌ですよね。

しかし平屋の戸建であれば、隣の家との距離もあるため、より自由度の高い暮らしを実現できます。

平屋は贅沢で高価なイメージ。
でも「ひら家IKI」なら17坪649万円〜購入できる。

平屋は、一般的に贅沢で高価というイメージを持たれがちです。

ですが、「ひら家IKI」なら、なんと「17坪649万円〜」建てられます。しかも、オシャレで高品質なデザイン住宅ということで、今、とても人気です。

ひら家IKIは、「高品質で低価格のデザイン住宅を提供し、すべての人に持ち家を持ってほしい」という理念のもと事業を行っているため、あらゆる工夫をすることでコストを大幅に下げています。

【コストダウンの具体的なヒミツは?】

具体的な低価格のヒミツをご紹介しましょう。

ひら家IKIは、「高品質で低価格なデザイン住宅を提供し、すべての人に持ち家を持ってほしい」という理念のもと事業を行っているため、あらゆる工夫をすることでコストを大幅に下げています。

がっちりマンデーでも紹介されましたが、「ひら家IKI」が高品質なのに低価格な理由は、あるものが無いから。

それは・・・「廊下」です。

廊下がないことで、無駄のない、極めてシンプルな工法で低価格+時短を実現できています。

また、ケイアイスター不動産グループとして、部材の一括大量仕入れを行い、ITで効率化を実現した施工体制を実現。更に、IT+IoT+アプリ導入でコストを抑え無駄な営業経費を徹底削減しています。

これらの「ひら家IKI」ならではの工夫から、高品質で低価格なローコスト平屋住宅を実現しています。

間取りや価格も選ぶことができ、約50種類のプランの中から、自分好みの平屋を建てることが可能です。

▶資料請求をすると、間取りや価格をご確認などご覧いただけます。

マンションのような暮らしができる間取りに、プラス庭付きの家。
なのに、マンションよりおトクに買える?!

高崎市で2LDKの新築マンションを購入しようと思った場合、3500万円以上かかることが多いです。

参考までにですが、高崎市の土地の平均坪単価は26万円です。
(高崎市エリア2021年06月時点・出典:土地価格ドットコム調べ)

仮に高崎市駅近の土地を坪単価40万円で購入し、そこに平屋を建てるとしましょう。その場合、もともとマンションを購入するつもりで用意した資金3500万円を使い切ることなく、多くを手元に残すことができます。


余ったお金を、車、旅行、趣味、教育など、住宅以外のことにも充てることができたら、より有意義な人生になると思いませんか?
「ひら家IKI」というマンションのような暮らしができる間取りの家に住みながら、より豊かな生活を楽しめるようになるのです。


「ひら家IKI」が低価格なだけではない。人気のヒミツ!

ひら家IKIは、低価格で高品質なだけではありません。

IKI開発にあたり、設計者がとことんこだわり、住まい方にこだわった間取り、誰もが安心して住まうことのできる空間を実現しています。

オプションも数多く取り揃えられているため、自分好みにカスタマイズも可能です。

例えば、勾配天井やロフトを作ることもできます。住宅と庭との間には、ウッドデッキをつけて、より豊かで快適な生活を楽しむことも。

庭に小さな自分の部屋(HANARE)を作って、自分だけのスペースを楽しむこともできます。

都会では、1LDKや2LDKの広さがあれば、子供が1人2人いても、スペースとしては、もちろん充分快適な生活を送っています。

ですが、子供の成長に合わせてもっと広さが欲しい、そうなった時にオプションをつけて、心地良いスペースを拡張することも可能です。

ライフステージに適したスペースの楽しみ方を選択できるようになるのです!

  • 思わず人を呼びたくなるような平屋。
  • 住み始めた時から将来この先ずっと、ライフステージに合わせて快適に楽しめる平屋。
  • マンションや他の平屋や戸建住宅とは一線を画した、快適な間取りと空間を実現した平屋。
  • 住み始めた時から将来この先ずっと、ライフステージに合わせて快適に楽しめる平屋。

それが今話題で人気となっている「ひら家IKI」が人気のヒミツです!!

▶無料で資料請求ができますので、平屋を検討されている方は、まずはお気軽に資料をご覧ください。
▶︎平屋のことやひら家IKIに関して、ご質問やお悩みなどがございましたら、気軽にお問い合わせください。
▶「ひら家IKI」の展示場なら無人内覧ができます!!