子育て世代が平屋を選ぶ理由とは?
おすすめする7つの理由を解説!

近年、子育て世代の間で、平屋が人気を集めています。
子育て世代に平屋が選ばれる理由は、何でしょうか?

実は、子育て世代と平屋の相性はぴったりなのです。
そこで今回は、子育て世代に平屋がおすすめな理由をご紹介します。

子育て世代に平屋がおすすめな7つの理由

子育て世代と平屋の相性は抜群です。
ここでは、子育て世代に平屋をおすすめする7つの理由を解説します。

マンションより平屋!

1.近隣を気にせず子育てができる

マンションのような集合住宅の場合、子どもの泣き声や足音などで近所迷惑にならないか不安に思う方もいます。
上下左右に住人がいる環境は、子育て世代にとって大きなストレスの原因に…。

実際に、騒音問題で近隣トラブルに発展してしまうことも多いのです。
しかし、戸建て平屋であれば隣の家との距離がある程度保たれているため、近隣とのトラブルになることも少なく、のびのびと子育てができます。

また、子どもが友だちを呼びたい時も、近隣を気にせず庭遊びもできる戸建てなら気兼ねなく遊ばせてあげることがでます。子ども同士の交流、そして親同士の交流も円滑になるでしょう。

2階建てより平屋!

2.家族が自然と集まりやすい

平屋は2階建てと違い、家族が皆、同じ階で生活しているため、自然と家族がリビングに集まりやすい環境です。
中には、家族で暮らしていても、それぞれの部屋で過ごしてコミュニケーションがなくなっていく家庭もありますよね。

特に、思春期の子どもがいる家庭では子どもが部屋にこもってしまい、コミュニケーションがなくなってしまうこともよくあります。
平屋であれば、自然と家族がリビングに集まるようになるため、コミュニケーションをとりやすくなります。

3.家事の負担が少なくなり、子育てに時間を使える

2階建ての場合、洗濯物を干しに階段を上り下りしたり、掃除機をかけに家中を動き回ったりと、家事の負担が大きくなります。
家事の負担が大きい状況に子育てが加わると、大きなストレスの元になってしまいます。

一方で平屋は、掃除するスペースがフラットで、家事中の移動が少なく済むため、体力的・精神的に負担が軽減されるのです。
家事の負担が減ると、その分育児に集中できるため、子どもの成長にも良い影響を与えます。

マンション・2階建てより、やっぱり平屋!

4.子どもがすぐに庭に出て遊べる

平屋はすぐ外に出やすく、常に外が見える環境のため、庭で子どもを遊ばせやすくなります。子どもが外で遊ぶ頻度が増えると、発育面でも良い影響が期待できます。また、子どもが一人で庭で遊んでいても、家の中から様子を見守りやすいことも大きなメリットです。

5.子どもの事故リスクを軽減

自宅内で、小さな子どもの事故につながる原因は、ベランダや階段からの転落がツートップです。

特に、足がもたついてしまうような小さな子どもであれば、ケガをしないかと不安になりますよね。
しかし、平屋はそのような事故を軽減できます。

階段がなく、高低差のない平屋は、子どもの事故リスクを減らせることができるのです。

万が一、子どもが転んでしまったり、倒れてしまった場合でも、平屋であれば、物音で気付くことができるので、すぐに駆けつけることができます。

6.子どもに目が行き届きやすい

平屋は家の中の隔たりが少ないため、子どもに目が行き届きやすい環境です。
小さな子どもは行動が予測できないため、見えないところにいると不安になりますよね。

その点平屋であれば、家事や仕事をしながらでも子どもを見渡すことができます。
子どもに何かあったときにも、すぐ気付ける環境にあるので安心です。

7.災害時は、家族一致団結して避難できる

平屋のメリットは耐震性が高いこと。
地震が起きても、マンションや2階建てに比べて揺れを感じにくくなります。

そして、災害時にもっとも注意したいことは、逃げ遅れること。
2階建てや、エレベーターを使うマンションなどの場合、避難する際は時間がかかります。その点、すぐに外に出られる平屋は安心です。

水害の場合、2階までの浸水リスクも決して軽視はできず、2階建ての安全性を過信できない状況となっています。国土交通省のWebサイトによると、「避難場所経路を確認し、落ち着いて避難すること」が推奨されています。
(国土交通省よりhttps://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000703387.pdf

これに関し、群馬大学の研究では、2階があると避難行動がばらばらになりやすい(家族の誰かが2Fにある財産をまとめる行動に出るなどして逃げ遅れや離散の原因になる)という調査結果が出ています。

(群馬大学研究/洪水避難 時における世帯行動特性と世帯員の役割分担に関する研究/及川康他/2000年2月https://www.jstage.jst.go.jp/article/prohe1990/44/0/44_0_319/_pdf)

上記のデータから「2階がない平屋のほうが、躊躇なく全員で避難行動をとりやすい」といえます。平屋であれば、災害時には、家族一致団結して素早く避難することができるので安心です。

平屋には、マンションや2階建てにはないメリットが沢山あるのです。

平屋は高価?
実は今人気のローコスト平屋住宅、ひら家IKIとは?

平屋と聞くと、高価なイメージを持つと方も多いかと思います。
実は今、低価格で家を建てられる、人気のローコスト平屋住宅、ひら家IKIをご存知でしょうか?なんと17坪649万円~建てられます。
高品質なのに17坪649万円~という驚きの価格。しかも若い世代にも人気のデザイン住宅です。価格は以下の通りです。

間取り(坪数)や価格も選ぶことができ、約50種類のプランの中から、カスタマイズをして建てることが可能です。

ひら家IKIは、がっちりマンデーや、日本経済新聞など、様々なメディアで紹介されています。安心の東証一部上場企業ケイアイスター不動産のグループ会社の「 Casa robotics株式会社」が設計~建築、販売を行っているため、このような良心的な価格で提供できています。

【コストダウンの具体的なヒミツは?】

具体的な低価格のヒミツをご紹介しましょう。

ひら家IKIは、「高品質で低価格なデザイン住宅を提供し、すべての人に持ち家を持ってほしい」という理念のもと事業を行っているため、あらゆる工夫をすることでコストを大幅に下げています。

がっちりマンデーでも紹介されましたが、「ひら家IKI」が高品質なのに低価格な理由は、あるものが無いから。

それは・・・「廊下」です。

廊下がないことで、無駄のない、極めてシンプルな工法で低価格+時短を実現できています。

また、ケイアイスター不動産グループとして、部材の一括大量仕入れを行い、ITで効率化を実現した施工体制を実現。更に、IT+IoT+アプリ導入でコストを抑え無駄な営業経費を徹底削減しています。

これらの「ひら家IKI」ならではの工夫から、高品質で低価格なローコスト平屋住宅を実現しています。

その秘密をもっと詳しく知りたい方はこちら。間取りもご覧いただけます。

▶無料で簡単に資料請求ができます。
▶︎無料でお気軽にお問い合わせが可能です!
▶「ひら家IKI」の展示場なら無人内覧もできます!!

ひら家IKIが子育て世代に人気のヒミツとは?

ひら家IKIが子育て世代に人気のヒミツをご紹介しましょう。

50種類の中からオプションを選べますが、中でも、子どもが喜ぶバルコニーやロフトなど、子どもが喜ぶオプションも取り揃えています。他にも、ひら家IKIでは、庭に、子どもが喜ぶ秘密基地のような「HANARE」という2畳ほどの離れ部屋作ることもできます。子どもの遊び場や勉強場所として、子どもが家で騒いでいる時には、大人のリモートワーク用の部屋として、庭でバーベキューをするときにはくつろぎ部屋として、不在時には宅配受取用として・・・いろんな用途に使えます。

また、平屋は部屋数が少ないのでは?と思われるかもしれませんが、ひら家IKIの場合は、廊下をなくした分、部屋数を増やしやすく、部屋を広々と使うことができます。

そして、家族が増えれば、電気代が上がるのは当然のことですが、太陽光発電を初期費用0円で設置できるので、家族が増えても電気代を節約できます。長い目で見ても、固定費が節約できるのは、家計にとって、とても助かりますよね。

何より、住宅の建築費を抑えられるので、ローンの返済に追われることなく、金銭的な余裕が生まれます。その分、子どもへの旅行や教育費にお金をかけてあげられるのが最大のメリットです。

子どもにとっての幸せとは?

本当の意味での、「子どもにとっての幸せ」とは何でしょうか?

住宅ローンにあくせくしている親の姿ではなく、心に余裕があり、いつも子どもにほほえみかけてくれる親がそばに居てくれる…。
家族で過ごせる楽しい時間やさまざまな思い出…。
子どもが大きくなって、思い出すのは、家族と過ごした温かな思い出です。

また、子どもがやりたいことに挑戦できて、成長できる環境があれば、その経験は将来に必ず活きてくるはず。住宅ローンがあるからと、子どもに夢を諦めさせたくないですよね。

・充分な質の高さ

・それでいて低価格

・そして子育てに最適な平屋

この三拍子揃った家があるのなら、ただ住宅ローンの返済だけに追われる人生ではなく、本当に大事なこと、子どもにとっての幸せに繋がることに時間とお金を使いましょう。

▶無料で簡単に資料請求ができます。
▶︎無料でお気軽にお問い合わせが可能です!
▶「ひら家IKI」の展示場なら無人内覧もできます!!