【注目の新しい住宅購入スタイル】
いま必要な間取りだけで家を建てよう

今、あなたは賃貸に住んでいて「毎月家賃を支払うのがもったいない」と感じていませんか?
せっかく同じ家賃を支払うなら、将来自分のものになる持ち家の方が良いと考える人も多いようです。

一方で、そのように考えている方の悩みには、「持ち家は一生ものだから、将来のことを考えて間取りを計画しないといけないのでは?」というものがあるようです。

たしかに、かつては「家を建てるなら一生もの」と考えられていました。

しかし最近では、「いま必要な間取りだけを考えて家を建てる」という新たな考え方をする人が増えてきています。

そこで本記事では、いま必要な間取りだけを考えて家を建てるメリットを解説します。
近い将来戸建てを検討している方は、是非、参考にしてみてください。

戸建ては一生住むもの?

かつては、「住宅は一生住みつづけるもの。だからできるだけ広く、立派なものを建てよう」という考え方が一般的でした。

しかし現代は、数年単位で情勢が大きく変わる時代。
コロナによる世界的情勢の変革、働き方・生活スタイルの変化は誰も予想していなかったことです。
変化が当たり前となったこの時代に、数十年先の未来を予測することは、ますます難しくなってきています。
せっかく立派な家を建てたとしても、将来使わなくなってしまう可能性もあるのです。

・子どもが増えたら?もしくは増えなかったら?
・仕事の事情で引っ越さなければいけなくなったら?
・親の介護で、近くに引っ越さなければならなくなったら?
・大災害でその地域に住み続けるのが困難になったら?

数十年先のことを考えると、何が起きるか分かりません。
だからこそ、「いま必要な間取りだけ」を考えてみませんか?
戸建て住宅は、決して"一生もの"として考えなくても良いのです。

いま必要な間取りだけで家を建てるメリットとは?

"いま"に絞って戸建ての間取りを考えることには、どのようなメリットがあるのでしょうか?
コストを最小限に抑えられる。
いま必要な間取りだけで家を建てるメリットは、コストを抑えられることです。
将来を見据えて、広くて立派な家を建てるには高額なコストがかかります。
例えば、いま必要な間取りだけにお金を使った場合の違いを見てみましょう。

「将来使うかわからない部屋」を考慮せず、いま必要な間取りだけにお金を使うことで、、大幅にコストダウンできるのです。20年のスパンで考えれば、年間45万円をほかのことに使えます。これだけのコストダウンができれば、その分の資金を趣味や教育資金にも使える人生を送ることができるのです。

▼ひら家IKIについてい知る
https://hiraya.ai/products/iki/

いま必要な間取りだけで家を建てる3つのメリット

それでは、今必要な間取りだけで建てる3つのメリットを見ていきましょう。

1.家のお手入れがラク

広すぎる家は、日々の手入れやお掃除に多くの労力と時間が必要です。
使わないスペースのために、他の大事な時間を削って、時間や労力をかけるのはもったいないですよね。

いま必要な間取りだけの広さなら、手入れがラク。だから本当に大事なことに時間を使えます。手入れがラクだから、家の中も綺麗な状態を保てます。

家が広くても、不用品をため込んでしまえば、居住空間は狭くなってしまいます。
しかし、いま必要な間取りだけであれば、日々の手入れや不要な物の処分や整理整頓にもしっかり時間を割けるので、結果的に充分なスペースで快適に過ごすことができます。

2.必要になったら増築できる

大幅にコストダウンできるとはいえ、「子どもが生まれたら…、子どもが増えたら…」と考えている方もいるのではないでしょうか。
「住宅は、一度建てたら間取りを変えられない」と考えている方もいます。
しかし、必要に応じて増築ができます。

ひら家IKIなら、構造上、上階を増築して2階建てにすることも可能です。
また、庭先に離れ部屋を建てる「HANARE」という商品もあります。
HANAREは165万円(税込み、IKIユーザ向け価格)〜、たったの2週間で施工が完了します。
リモートワーク用の部屋としても注目の商品です。

増築の方法は、縦にも横にも自由自在です。将来の変化に応じて家を増改築できる。それなら、「いま必要な間取りだけ」に目を向けて、安心して家を建てることができますね。

3.将来の選択肢が広がる

いま必要な間取りだけを考えて家を建てると、将来の選択肢が広がります。
将来は、さまざまな可能性が考えられるでしょう。
そのタイミングに応じて、家を売ることや賃貸にすることもできるのです。

・将来子どもが巣立ったとき
・親の介護が必要になり、引っ越さなければいけなくなったとき
・他に住みたい場所ができたとき

最初から立派な間取りの家を建てていた場合、このようなタイミングで気軽に家を手放すことは難しくなります。
しかし、「いま必要な間取り」で家を建て、予算を大きくかけることなくコンパクトな家を建てておくことで、将来、賃貸も売却もしやすい状況をキープし、家に囚われず身軽に動くことができるのです。

子育て世代には平屋の間取りがぴったり。老後も安心!

戸建てを検討している方の中には、子育て世代・もしくは近い将来に子どもを予定している家庭もあるでしょう。

賃貸の場合、近隣へ迷惑がかからないように常に気遣う必要があるため、大きなストレスがかかります。
一方、戸建てなら、近隣を気にすることなく伸び伸びと子育てがきます。

特に、2階がない平屋は、子育て世代にぴったりの間取りです。

死角の少ない平屋では、小さな子どもを常に見守ることができます。
また、自然と家族がリビングに集まりやすいため、コミュニケーションも取りやすくなります。

子どもが大きくなって部屋が必要になれば、そのときに増築すれば問題ありません。

子育て世代・もしくは近い将来に子どもを予定している方も、平屋なら安心して生活ができます。そして、将来、子どもが巣立ち、自分が年をとっても、バリアフリーの平屋なら、安心して生活ができます。

【まとめ】家を建てるならいま必要な間取りだけで問題なし

今回は、「いま必要な間取り」に目を向けて家を建てるメリットをご紹介しました。


今後数十年先を予測して、大きな家を建てる必要はありません。

"いま"に目を向けることで、”いま”快適な家で過ごし、将来の状況が変わっても間取りを変えて、人生を楽しむことができるのです。

家との適度な距離感を保ち、家に縛られない戸建てを建ててみませんか?


いつやるか?それは”今”です。

ひら家IKIのご紹介

平屋と聞くと、高価なイメージを持つと方も多いかと思います。
実は低価格で家を建てられる、人気のローコスト平屋住宅、ひら家IKIがあります。

高品質なのに17坪649万円~という驚きの価格。しかも若い世代にも人気のデザイン住宅です。

間取り(坪数)や価格も選ぶことができ、約50種類のプランの中から、カスタマイズをして建てることが可能です。

ひら家IKIは、がっちりマンデーや、日本経済新聞など、様々なメディアで紹介されています。安心の東証一部上場企業ケイアイスター不動産のグループ会社の「 Casa robotics株式会社」が設計~建築、販売を行っているため、このような良心的な価格で提供できています。

【コストダウンの具体的なヒミツは?】

具体的な低価格のヒミツをご紹介しましょう。

ひら家IKIは、
「高品質で低価格なデザイン住宅を提供し、すべての人に持ち家を持ってほしい」
という理念のもと事業を行っているため、あらゆる工夫をすることでコストを大幅に下げています。

がっちりマンデーでも紹介されましたが、「ひら家IKI」が高品質なのに低価格な理由は、あるものが無いから。

それは・・・「廊下」です。

廊下がないことで、無駄のない、極めてシンプルな工法で低価格+時短を実現できています。

また、ケイアイスター不動産グループとして、部材の一括大量仕入れを行い、ITで効率化を実現した施工体制を実現。更に、IT+IoT+アプリ導入でコストを抑え無駄な営業経費を徹底削減しています。

これらの「ひら家IKI」ならではの工夫から、高品質で低価格なローコスト平屋住宅を実現しています。

その秘密をもっと詳しく知りたい方はこちら。間取りもご覧いただけます。

▶無料で簡単に資料請求ができます。
▶︎無料でお気軽にお問い合わせが可能です!
▶「ひら家IKI」の展示場なら無人内覧もできます!!