注文住宅を建てるなら自由設計型?それとも完全規格型?

「せっかくの家づくりなんだから、自分の好きな間取りにしたい!」と考えていませんか?
「家づくり」と想像すると、全ての間取りを自由に決めるイメージがあるかもしれません。

しかし近年は、間取りの決まった規格型の注文住宅が注目されているのです。

そこで本記事では、自由設計型と完全規格型の違いについて述べ、どちらが今の時代にベストなのかを解説していきます。

注文住宅は2種類ある

「注文住宅」と聞いて想像するのは、ゼロから全て自分で決めるタイプの家づくりではないでしょうか?
しかし実は、「自由設計型」と「完全規格型」の2種類に分かれます。
ここでは、両者の違いを解説します。

1.自由設計型

「自由設計型」は、外装や内装、間取りの全てを自分で決めていくタイプの注文住宅です。
自分のこだわりを叶えられる一方で、家づくり初心者にとっては決めるのが難しいのも事実。
時間や資金に余裕を持って、家づくりを行う必要があります。

2.完全規格型

「完全規格型」は、すでに間取りが決まっているタイプの注文住宅です。

自分でオリジナルの間取りを実現させるのは難しくなりますが、短期間・低コストで家づくりを行うことができます。

自由設計型の注文住宅は本当に自由?

自由設計型の注文住宅は、本当に自由なのでしょうか?

自由設計型では、全てが自由に決められます。
しかし、自由がゆえに設計で悩み、家づくりがなかなか進まない方もいます。
たとえば、自由設計型の注文住宅で間取りを1ヶ所変更すると、他の部分も連鎖的に変更しなければいけません。

その結果、変更が変更を呼び、「負の間取り変更スパイラル」に陥ってしまうのです。
仕事や家事、育児などで忙しい中、家づくりに時間が取られると日常生活への影響も出てしまいます。

自由だからこそ、不自由に縛られてしまうパターンも多いのです。

プロが決めた設計が「完全規格型」

完全規格型の注文住宅は、いわばプロが決めた設計です。
動線や快適性、意匠、耐久性、価格、法規制対応など、全ての要素を計算し尽くされています。
そのため良い家をスピーディー、かつローコストで手に入れることができるのです。

以前は「家=オーダーメイド」という価値観で考えられていましたが、他のものに当てはめて考えてみてはどうでしょう?

たとえば、車には自由設計がなく、モデルごとに設計が決められていますよね。
カスタムカーは、特殊な用途に使う人に限られています。

家も同様に、プロが決めた設計の方が住みやすくなるのです。
一見、規格型は不自由に感じるかもしれませんが、現代ではベストな住居を手に入れる手段なのです。

平屋専門店ひら家IKIなら安心の完全規格型!

平屋専門店のひら家IKIは、専門家によって考え抜かれた完全規格型です。
デザイン性を兼ね備えた平屋住宅、なのに低価格で購入できる、それがひら家IKIです。

選択は簡単。4種類の間取りから、ぴったりの間取りを選ぶだけ。
なんと17坪649万円~建てられます。

更にこだわりたい場合は、50種類の中から好みのオプションを付けることも可能です。
ロフトやウッドデッキ、離れ部屋を付けることも。

プロが考え抜いた設計で、簡単に好みの住宅を手に入れることができるのです。

【コストダウンの具体的なヒミツは?】

ひら家IKIは、がっちりマンデーや、日本経済新聞など、様々なメディアで紹介されています。安心の東証一部上場企業ケイアイスター不動産のグループ会社の「 Casa robotics株式会社」が設計~建築、販売を行っているため、このような良心的な価格で提供できています。

ひら家IKIは、「高品質で低価格なデザイン住宅を提供し、すべての人に持ち家を持ってほしい」という理念のもと事業を行っているため、あらゆる工夫をすることでコストを大幅に下げています。

がっちりマンデーでも紹介されましたが、「ひら家IKI」が高品質なのに低価格な理由は、あるものが無いから。

それは・・・「廊下」です。

廊下がないことで、無駄のない、極めてシンプルな工法で低価格+時短を実現できています。

また、ケイアイスター不動産グループとして、部材の一括大量仕入れを行い、ITで効率化を実現した施工体制を実現。更に、IT+IoT+アプリ導入でコストを抑え無駄な営業経費を徹底削減しています。

これらの「ひら家IKI」ならではの工夫から、高品質で低価格なローコスト平屋住宅を実現しています。

その秘密をもっと詳しく知りたい方はこちら。間取りもご覧いただけます。

▶無料で簡単に資料請求ができます。
▶︎無料でお気軽にお問い合わせが可能です!
▶「ひら家IKI」の展示場なら無人内覧もできます!!